読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

to Goa 🇮🇳 from Bangkok 🇹🇭

バンコク市内からスワンナプーム空港まではARTが便利。スワンナプーム空港からエアインディアでまずはムンバイまで向かいます。

f:id:lunarnari:20170430171451j:image

エアインディアは2017.04.27現在ウェブチェックインを廃止していて、カウンターでのチェックインのみです。
ならんでいるとスタッフの方から「あなたはムンバイへ行きますか?」と確認されるほど、周りはインド人ばかり。男性ばかり。わたしひとり完全に浮いてました。

 

カウンターではチケットを購入したクレジットカードの提示を求められ・・・!わたし、航空券を買った後にカードを更新しているので新しいカードしか所持していません。と伝えると「16桁のカード番号覚えてないか?写真や控えはない?」と聞かれ、「確認するルールです」と言われたけどわからないものはわからないのでそのように伝え、最後はわたされた書類に個人情報と新しいクレジットカードの番号を書いてOKでした。
いつもならよく使うカードをそのまま海外へも持っていくので提示を求められても問題なかったやろうけど、たまたま変な時期にクレジットカードを更新していたので一手間増えてしまいました。でもエアインディアのスタッフさんはキュートな笑顔で対応してくれて気持ちよかったです。

 

出国の時には入国時に受け取ったスタンプが押されたイミグレーションカードの提出が必須です。
はじめてタイを訪れたときは出国時にこのカードが必要とは知らず「なんで入国するのに出国のカードも付いてくるんやろう」と入国して早々に捨ててしまっていて、バスでラオスへ入国しようとした時国境でえらい目にあったので・・・それ以降はちゃんと捨てずに持ってます。
でも、列にならんでいた前の男性はイミグレーションカードを無くしたみたいで、さらっと新しいカードをもらい、さらっと記入して、さらっと出国していました。空港では優しいのかな、わたしの時はすごく大変でしたが。😭

 

搭乗まで時間があったので、オマーン航空のラウンジでシャワーを浴び、軽食をつまみました。

f:id:lunarnari:20170430171407j:imagef:id:lunarnari:20170430171322j:image
フムスやタブーレ(わたしの大好物)、ナッツ、ドライフルーツ、ジュースなど、ベジタリアンでも充実しています。ベジじゃなければ、暖かい料理やサンドイッチ、ブリトーなども揃っています。スパークリングワインからビール、リキュール類もたくさん揃っていて、充実ぶりに驚きました。

 

ゲート前で再び搭乗券とパスポートチェック、手荷物検査(しっかりバージョン)、ボディーチェックを受け、搭乗時にもう一度搭乗券とパスポートチェックをされ、やっと搭乗です。

機内中方から後方は全てインド人男性、前方にはインド人男女、欧米男性がいました。わたしももちろん前方の席でしたが、3列にわたしひとりで、これまたぽつんと浮いてました。わたしは広々過ごせて快適でしたが✨
「Budhia Singh - Born to Run」というヒンドゥー映画を観ました。機内食はVOML(vegetarian oriental meal /ベジタリアンオリエンタルミール)。

f:id:lunarnari:20170430171912p:image

メインのおかずは厚揚げの中華炒めでした。カレー期待してたんやけどな〜。🤣わたしの視野内ではベジミール運んでもらってたのわたし入れて2人でした。ベジ大国インドとはいえ、少ないのね〜。

 

飛行機を降りる時も搭乗券の提示を求められました。ゴア行きに乗り継ぐ時も搭乗券両方とパスポートを提示し、手荷物も再度X-ray検査、個室でボディーチェックを受けてから、やっと、国内ターミナルへ移動させてもらえます。

 

ムンバイに到着したのが3:20で、物騒やったら嫌やな〜とか思っていましたが、夜中でもほとんどのお店が開いていて、人も多く、キラキラしてました。想像より全然安全そう!薄暗く汚い感じを想像してたので。(笑)ゆっくりしたかったのでラウンジを探して、ラウンジもフライト待ちの方で満員で驚きました。さすがインド、軽食にはベジタリアン表記があります。ダールとか美味しそうやったけど、そんな夜中にお腹減ってないし、お水をもらって休んでました。

ゴアでの入国審査はイミグレーションカウンターをスルーしてしまうほどテキトーで、結構進んだ後に「スタンプないやん、あのカウンターまで戻って」と言われて戻るほど。(笑)入国審査中も他のスタッフ2人がわたしのところに来て「日本人?どこ?トーキョー?オーサカ?ワカヤマどこ?インドはじめて?ゴア楽しんでね✨」とひとしきり話してくれました。入国審査は、このインドに限らず基本なにも聞かれないです。ラクで有難い。

空港を出てから、タクシードライバーの「サッチン👨🏾」とヨガアシュラムまで65kmのドライブ。夜中で車も少ないのでスイスイ。でも、2車線のうち2列にまたがるようにど真ん中を走行。1車線でも対向車がなければど真ん中を走行します。抜かす時や対向の時はみんなクラクションを鳴らします。クラクションで寝れないし、サッチンとお話しながら。

 

3月に結婚して新婚だよ〜
とか、家族の話😊